平 成 30 年 2 月 の 日 記 帖



いずれサイトを移動します。
以前の「ryounji.com」です。
と言いつつ、アップできたのに反映されませんので今しばらく
このままのアドレスでお伝えします。

「u」(半角のユー)が1つ少ないアドレスの「ryounji.com」へもどります。
現在もドメインは運用されています。

平成 30 年 2 月 20 日 (火)

研修へ

 昨日は研修会へ京都出張となりました。

 朝、一本早い特急で出発して京都駅で少し時間があったので茶礼してから会場へ行きました。
会場は八条口近くのホテルてす。毎年一泊ですが今年は一日でした。午後5時までですが、講義ばっかりは疲れます。

 管理者研修会ですのでそれなりの内容でしたが難しいですし、毎回思いますが地方都市の田舎の小規模保育園には関係ないような内容です。
しかし、社会の仕組みや法律は遵守しなくてはなりませんからなかなか大変です。それと、いつまで保育園保育所として運営できるのかが問題です。社会というか、この業界は認定こども園への流れとなっています。

 地方都市の田舎はどうなるのか心配です。それと、色々な補助金が廃止されつつありますが、それに代わる補助金もありますが制限があったり、社会貢献しないと出しませんと、等々ですが、財政不足になると出し渋りのようです。

 仕方ありませんが、上川口保育園もどうなることか疑問ですが運営が難しくなれば撤退するしかありません。
公設民営化保育園ですから借金してまで運営する事はありませんから。

 頑張るしかないですね。

平成 30 年 2 月 19 日 (月)






 昨日の日曜日は園長会の個人的な集まりで蟹を食べる会が参加しました。今シーズン初めてです。

 贅沢しているわけではありません、これも交際ですしお付き合いです。
親しい友人達(一緒に修行した仲間、僧堂関係)と行くほうがはるかに面白いし気軽に行けます。
場所は、兵庫県の竹野駅から少し離れた香住区内の小さな漁港の民宿です。宣伝はしていません、口コミで来るようなところです。
囲炉裏端で食べるというものです、堪能しました。蟹ばっかりではなく、魚の刺身やカキ等もあり海の幸三昧でした。

 食べきれないほどです、最後は鍋そして雑炊です。ご馳走様でした。
行きかえり電車行きましたが、城崎温泉も人が多かったのですが竹野までも満員です。駅には関西圏から食べに来る人ばっかりです。
駅に各宿の送迎の車やマイクロバスばかりでした。蟹客で混雑していました。

 また雪も多く、今年は海岸沿いに降ったようです。城崎温泉駅も雪でいっぱいでした。屋根のないホームは積もったままでした。
今季の寒波で何度か、特急の運転見合わせがあったり、運転が出来なくなっていましたが分かるような気がしました。

 今日から月曜日です、いつも生活へと戻ります。
今日は出張からです、研修会で京都へ出向帰りは夜いろいろあります。

平成 30 年 2 月 17 日 (土)

休息日




 最初に画像は、1年前のものです。

 お間違いなく、画像上は17日にアップしたものですから少し前です。画像下は、20日の様子です。
やはり昨年はよく降りました、今年は寒いですが量が違います。

 現在、ミゾレになっていますし、予報では明日から冬型が強くなる予報です。等圧線が縦じまですから今度は降るかもです。
今年は、近畿辺り、若狭湾丹後半島辺りで東向きに斜めになっていました。こんな時はあまり降らないような気がします。
あくまでも素人考えですし個人的意見ですのでお間違いなく。

 さて、今日は予定なしです。
普段いぞがしぃので何をしていいのか不安ですし、動ていないと不安にさいなまれます。
雪が降っていなければ山作務でもしたいところですが天候が悪いので駄目ですし無理は禁物、ケガや風邪でも引けば何をしている事が分かりません。身体が資本の役職だけに大切にしないと代役がいないだけに大事になります。

 ゆっくり休息日と行きたいものです。

平成 30 年 2 月 16 日 (金)

週末へ

 今週は月曜日が振替で休みだったのでもう週末です。なので余計に早く感じますし今月は28日までなので早いです。
2月は逃げると言います、今月も後半となりました。

 来月になれば年度末何かと忙しい日々が続きます。
あっという間にやってきます、1年早いです。

 昨日は涅槃会ですから保育園のお集まりで涅槃図を見せてお参りしました。
説明に興味津々ですが、気になるのでしょう。二祖三仏忌の一つであり重要な一つの涅槃会です。
二祖とは、達磨大師の達磨忌とその寺の開山の開山忌もしくわ本山の開山忌ですから妙派なら関山慧玄禅師の命日の12月12日です。

 三仏忌とは、お釈迦様の降誕会、成道会、涅槃会の事となります。日本では寒い時期になりますがインドのクシナガラでは乾期の時期で仏跡巡礼時期でもあります。実際に行ったことありますから実感があります。気候が全然違日本との差を感じます。

 明日には寒さが戻る予報です。

平成 30 年 2 月 15 日 (木)

ポカポカ

 陽気になりました。
昨日は朝から晴れて晴天となりました、風があり寒かったのですがこれまでの寒さとは違い日差しが強いです。

 車に乗っていたらポカポカ陽気です。用事で午後からは仕事を休みましたが車で休憩していた温かく春を感じます。
雪もこれからはビックリするほどは積もらないでしょう。彼岸までは油断できませんが今年は違うようです。

 ラジオを聴いていたら、春一番が吹いたところもあるようです。花粉の季節もやってきました。
日没も遅くなり仕事終わって帰ってきたらまだ薄明るいです。この間まではすっかり暗くなっていたのに日に日に長くなってるのを実感します。

 朝のニュースを見ていたら、4年後とは言え「道徳」授業が始まるとか。昔は道徳が普通にあったのにと思います。
これは必要でしょう、思想で何の教職員が反対しているか、どうかは分かりませんがこれからの日本には必要でしょう。
9条がどうのこうの言う前に日本人としての心を養って欲しいものです。個人的な見解ですのでお間違いなく。

 今日は涅槃会です。

平成 30 年 2 月 14 日 (水)

今年の雪




 更新再開です。

 連休でしたがいろいろあり用事や仕事に追われましたが1日お休みもあり息抜きが出来ストレス解消です。
この時期ならではです。

 今年の雪は、先月月末の大雪が一番多い積雪量でしたが今回も降るかと思いましたが結局あまり積もりませんでした。
連休の11日から12日の朝にかけては10cmで程度でした。しかし、今年は寒い日が続きます。何とも言いますが朝は氷点下が続きます。

 それと昼間は晴れの日が多く日差しが多くあります。
今回は海沿いの丹後地方が多いようです、雲原から30程度で行ける大宮や峰山近くは確かに雪が多いです。
11日の夕方に大宮の温泉へ行きましたが、帰りには真っ白となり5cm程の積雪となり吹雪のように降っていましたが与謝野町へ入れば薄っすらある程度、雲原はありませんでした。

 寒気の流れ次第でこんなに大きく違うのかと思います。
今年は除雪機の出動が実際には一回程度と少ないですね、屋根にとってはたかります。
10日は雨でした随分と解けましたが、屋の先端部分の雪が一気に落ち大きな音をたてていましたが軒が壊れないか、瓦が割れないか心配でした。
点検しないと駄目ですね。

 画像は、12日の朝です。除雪機ではなくスコップでできる積雪量でした。しかし、晴れていたので-6℃程でした。
このまま神戸へ出かけのですが、なかなか落ちません。画像下の雪も神戸までありました。
やはり気温が大きく、新神戸トンネルの中から溶け出し出てから落ちました。路面にまき散らしましたが何処から来たのかと思られたでしょう。

 まだまだ寒いが続きますが、日が長くなり日に日に春に向かっています。

平成 30 年 2 月 10 日 (土)

回収される




 昨日の麻も晴れてよく冷えましました、氷点下8℃でした。
寒いです、大雪よりいいですが道路は凍結防止剤が散布され乾けば路面が真っ白になっています。

 車には良くないでしょう、塩の上を走っているようなものですから。
車もこまめに洗車しないと錆びそうです、国道9号線も散布が多くこまめに洗車しています。
ガソリンスタンドの自動洗車の所に列ができていましたから街中も相当量の散布があるのでしょう。

 昨日は晴れて昼間も気温が上がり、10℃を超えました。久しぶりの気温です。晴れていても気温が低い日が続いていました。
5℃以下の時もありました。

 今日の話題は少しぼやきたいと思います。
過日というか昨年の12月にイオ光に切り替わったことはお伝えしましたが、過日7日に野外のボックスと室内のルーターを回収にN関西がやって来ました。
昨年の12月4日(月)に工事が終わりテレビとネットが切り替わりました。間髪入れず市役所に解約の書類を送付し、続いてN関西へプロバイダーの解約をFAX(ネット出来ましたが簡単だったので)でしました、。

 当時から言われましたが、その時点で回収は2月初め頃とのことでした。が、利用料金は回収されるまで必用です。との事でした。
回収が遅いし、切り替わったのが12月ですからその月で終わりとは思うのですが今月2月分まで支払う事となります。なぜがは分かりませんが、仕方ないですね。
器具は回収されましたが、ネット用の線はそのままで買取との事です。あってもどうしようもない線、回収してほしいですが手間がかかるからでしょうか。

 大手になったのでこれで安心です。会社がつぶれることもなくテレビとネット回線は守られました。
お粗末な最後となった「℮ふくちやま」誰が忖度したのかは今となっては分かりませんが順次各当地区が切り替わっています。
街中の便利な国道9号線沿線の旅館に関電の子会社や下請け会社の作業車(ボックスあね高所作業車)を見かけます。
泊まり込んで工事しているのでしょう、週末は京阪神へ戻り平日は泊って工事なのかと想像していました。

 実際に当山へ来た2人は、大阪の人で孫請けのような業者さんでした。週末も帰ることなく福知山市内に泊まり工事しているとの事でした。

 雲原も工事が進んでいるようですが、イオ光に変えないとテレビさえも見られなくなってしまいます。
電波を受信できる高い所の家は私費でアンテナを設置すれば見れるでしょうがネットは出来ません。

平成 30 年 2 月 9日 (金)

寒いⅰ




 毎日毎日、寒い日が続きます。
ここしばらく朝は氷点下の世界となっています。水道が凍ります、水道管は破裂しませんでした手が普段使わない洗面台の蛇口が壊れて漏水し水道代が少し高くなりました。

 漏水していないかと注意のチラシが郵便受けに入っていました。メーターで確認しましたが今のところ漏水はありません。しかし、普段使わない離れ屋が心配ですが止水栓が分かりません。
毎年、冬前に調べようと思いつつ分かりません。

 寒くなればツララがご覧のように長くなります。
積雪量にもよりますが、こうして雪が凍り、ノキからせり出して瓦を痛めます。割れたり、一緒に雪と落下したりします。

 画像見ている分には綺麗ですが、この寒さも困ったものです。ここ最近、昼間は晴れて綺麗な晴天が続きます。
日差しは少しつづ強くなり窓越しならポカポカしますが外は寒いです。日陰は氷も解けません。

 今年は雪も昨年よりは少し少ないですが寒いです。北陸では大雪となり特に福井市では記録的な大雪となっています。
福井県と京都府は接しているので離れているとはいえ寒気の流れ風向きで違うものですね。
明日からは3連休という方も(保育園は関係なし単なる連休)また寒気がやってくる予報です。昨年、28年も11日(土)午後から降り出し大雪となりました。翌日は止み晴れましたが一晩で50cm程積もりました。
昨年の日誌を見て思い出していました。

 ニュースを見ていて思いますが、国道8号線の立往生での除雪作業に自衛隊が出動して除雪作業もスコップでの作業のところもあり大変な作業です。大変助かりますが、中には批判する人もあるのでしょう。分かりません、何故なのか日本人なのに何故反対するのか。
イデオロギーは別として私は思います。

平成 30 年 2 月 7 日 (水)

観賞へ




 毎日寒い日が続きます。
今年は雪も昨年よりは少ないのですが、寒い日が多いですね。昨日の朝は晴れてよく冷えて-9℃でした。

 放射冷却でしはょうが、昼間も晴れていましたが冬日だっだと思います、終日氷点下ではありませんが日陰は凍ったままでした。
北陸地方では記録的な大雪となっています、福井市でも37年ぶりの大雪となっています。寒気の流れで大きく違うものです。

 そんな好天候でしたが、寒い日となった4日、立春の日でしたが晴れていますが大変寒い日でした。
地元では雪まつりが6年ぶりの開催となったのですが気になりつつ、というか後ろ髪惹かれる思いでしたが、用事もあり京都へ行きました。
目的の一つ、「ゴッホ展」へ京都国立近代博物館で開催中です。

 大変久しぶりです、前回は神戸で開催された時に行きましたが数10年前ですね。
大きく日本文化に影響され、特に浮世絵の影響を受け作品にもその技法やタッチが取り入れられています。
そんな作品を中心でした、初めて見る作品ばかりでした。1人ならじっくり観賞したいところでしたが予定もあったのでそこそこにして帰りました。

 「バァン・ゴッホ」と思っていましたが、「ファン・ゴッホ」でした。間違っていたのか、変わったのか。どうかは分かりません。
「Van Gogh」を「ファン・ゴッホ」と読んでますね、フランス語読みなのか、、、。

 北陸の雪が南下してないといいのですが。

平成 30 年 2 月 3 日 (土)

節分




 今日は、節分ですが違うネタお楽しみまください。
明日は立春ですが明日から寒波がやって来るようです。数年に一度あるかないかという寒気が南下との予報です。
さて、大雪なるでしょうか来週はしばらく寒いようです。

 今日の話題は懐かしい画像からです。
息子2号に頼まれた事で探し物していたら懐かしいアルバスを出して見ていたら私が修行に出る時の写真がありました。

 画像上は、師匠寺の豊中市浜の松林寺で撮ったものです。大阪を出発する時に師匠と総代3人、弟弟子(現在・与謝野町の妙派の住職)です。
今は亡き師匠です、今年は大祥忌です。当時は現歳の私より若かったのです。
22歳の私です、若いですね。

 そして新大阪へ送ってもらい友人と一緒に行く事となっていたので木曽福島町へ旅立ちました。
数日、投宿してから虎渓僧堂へ近くの和尚さんに送ってもらい掛塔(かとう・入門すること)しました。
友人の某師、現在は本山の内局で総務部長として活躍しています。

 いつこの間のようですが、年月の経過は早いものです。
息子2号も当時の私と一緒の歳となりました。

 写真をスマホで撮影しているので分かりにくいですが、画像下の姿が修行で出る姿、行脚の姿です。
振り分け荷物の用に、前に作務文庫を抱え中に大事な袈裟を入れそれにカミソリと砥石、持鉢(じはつ・食器)、経本を各々包み結びつけます。後ろには合羽(修行僧用でポンチョの様な形態です)を結びます。

 手には網代傘を持っています、勿論に歩く時は網代傘はかぶります。
足元は、足袋に脚絆、草鞋です。歩きやすい様に腰上げ紐で裾を手繰り上げます。昔から変わらない姿です。
草鞋は本物の藁もなく、ビニールの紐で編んだものがあります。

 今日は保育参観日です。やれやれ気が重いです、保護者会の代表選出が気になる、関係ないとはいえ気になるところです。

平成 30 年 2 月 2 日 (金)

早いです

 早いですね、もう2月となりました。
明日は節分となり、翌日は立春ですから暦の上では日曜日からは春となるわけですが実際はこれからはしばらく寒いです。

 とくに来週には寒波がまたやって来るということですから今月中ごろまでは油断できません。
昨年も憲法記念日の連休は大雪となりました。

 明日は保育参観日です、年度末の最後の参観日となります。またまた保護者会の総会もあり来年度の代表3人が選出されます。
これまで色々あり、以前の保護者会とは全然違い、随分と親への負担は軽減されたのすがなかなか大変です。
本来、保護者主体主導なのですが、サポートしないと機能しません。民間園なのか、公立園は知らん顔なのか、さて。

 1月は、後半は調理に専念したり出張したりと色々あり寺務仕事が出来ませんでしたがやっと何とかでき発送できました。
やれやれですが、ミスがないか心配なところです。どうも、事務的なことは苦手です。身体動かす作務の方が得意です。

 今日も何とか頑張りましょう。